変形性膝関節症は殆どが老化によるものです。

加齢とともにどんどん酷くなります。

 

変形性膝関節症はヒザの関節の軟骨が傷つくことで、関節に炎症が起こり痛みが出る病気です。日常生活に伴うヒザの痛みの多くは「変形性膝関節症」だと言われています。

 

50歳代の男女、特に女性に多く40歳代から徐々に増え始めます。60歳代の女性の約40%、70歳代の女性の約70%が変形性膝関節症にかかっているといわれています。

 

変形性膝関節症にかかると、痛いのであまり歩かなくなり、脚の筋肉が衰え、さらにヒザに負担がかかることになります。このような悪循環を断つためには早期の治療が必要です。

 

また痛みをコントロールする薬やグルコサミン&コラーゲンセットなどのサプリメントを利用することもよいでしょう。

変形性膝関節症の予防と治療

変形性膝関節症の主な症状は、ヒザを動かしたときに生じるヒザの痛み。
初期はヒザに体重がかかる、立ち上がりや歩き始めの痛みや違和感。
もう少し進行すると、階段の上り下り、正座など、特別な動作をしたとき。

 

じっとしていれば、痛みがないのですが、もっと進行すると安静にしていても痛みがとれないようになります。そしてヒザに水が溜まって腫れたりします。

 

変形性膝関節症の治療として症状により、薬物療法、関節内注射、ステロイド注射、外科手術があります。

 

痛いからといって体を動かさないとますます病気が進行してしまいます。
筋肉を強化して悪循環を断ち、症状の進行を遅らせる努力も必要です。

 

アップダウンのない平らなところでウォーキングする、仰向けになって片方の脚を伸ばしてヒザを動かさないようにして、足首を10pくらい上げ下げする。

 

靴はクッション性のあるものを履くようにします。そして運動の前後はヒザ周りの筋肉をストレッチして柔軟性を保ち、ケガの既往がある人は運動後にはアイシングして十分なケアをしましょう。